インサガの序盤の進め方を解説していきます

インペリアルサガ 始め方ガイド

序盤にクラウンを使わず開花のお守りを40個手に入れる方法【インサガ】

投稿日:2018年6月20日 更新日:

 

帝のフル開花育成をするにあたり、「開花のお守り」は40個必要になります。

しかし序盤の各種ミッションをこなしていっても、手に入る開花のお守りは10個ほど。残り30個はショップで買うのが手っ取り早いですが、手持ち家臣が少ないこの時期はできればクラウンはガチャに回したいのが人情。

そこでクラウンを使わず開花のお守りを30個手に入れる方法をご紹介します。それが「アビスバトル」でもらえる報酬です。

 

アビスバトル

 

アビスバトルは、強力なボス敵と3連戦する高難度バトルです。プレイヤーレベル20で解放されます。

 

 

アビスバトルでは通常の戦闘と違い、戦闘中にLPを消費してHPやSPを回復しながら戦います。そのぶん敵のHPも通常の敵よりはるかに多く、HP10万以上とかザラです。

バトルに勝利するとクリア報酬の他にもいろいろと報酬がもらえるんですが、一番カンタンなバトルで開花のお守りが報酬として用意されてるんです。

 

 

3つのチャレンジリストを1つ達成するごとに開花のお守りが10個手に入るので、すべて達成すると計30個手に入ります。これを獲得できれば他のミッションと合わせて40個に届くってわけです。

 

チャレンジリスト

 

アビスバトルのチャレンジリストはどのバトルもすべて共通で以下の3つとなります。

 

・ 誰も戦闘不能にならないでクリアする

・ 全バトルでスーパーまたはハイパークリティカル発生させてクリアする

・ 4人以下の部隊でクリアする

 

これらを1度の挑戦ですべて同時に達成する必要はありません。1回に達成するのは1つでもいいのです。いったんクリア後に再挑戦して未達の条件を達成すれば報酬はもらえますので、何度でも挑戦してみてください。負けてもHPやLPは挑戦前の状態に戻るのでリスクなしです。

 

さてこの中で最も難しいのが「4人以下の部隊でクリアする」でしょう。

コマンダー効果がなく、5人陣形の特殊効果も得られません。ですのでこれを後回しにするもよし。まずはこれを達成しちゃうもよしです。

 

今回のチャレンジでは開花育成をせずに「4人以下の部隊でクリアする」に挑戦してみます。

 

 

アビスバトルを4人以下の部隊でクリアしてみる

 

今回使用するのはリセマラで引いた帝4人です。いったんフル開花育成しちゃってましたが、今回のためにリターンして開花を使わずイベクエ☆6で32回、☆9で8回戦闘して仮育成しました。ヒューズくんは引率係です。

 

 

今回挑戦するアビスバトルは打と熱が有利なので、エリザベートは期待の星だったんですが見事にクソ成長しました。

逆に今回最も役立たずなセルマが割と伸びる不安な結果に。

 

強化ポイントも振ってませんし、技の強化も行っていません。使用する汎用技の消費SPは半減させています。

装備は徽章10でショップで買える武器防具と、装備作成施設グレード1で作れるアクセサリーのみ。

DHは今回は全員なしで挑みますが、これはただの自己満なので使用した方が当然ラクになります。

ロールは仮育成と技の閃きが完了するまでに得られたロールポイントで習得できるところまで習得しています。基本的に闘士ですがレベル10までいっているキャラはいません。

 

 

アビスバトル「深淵への誘い」の対策を考える

 

挑戦するのはアビスバトル最弱の☆7「深淵への誘い!」です。3戦すべて「打と熱」が弱点の「不死」種族となっています。このように敵の種族や弱点が統一されていると対策しやすく、クリアしやすいといえます。

 

 

クリアのために用意したい家臣は

棍棒か体術が使える家臣を1人以上(もしくは攻撃力ダウン奥義持ち1人以上)

水術と土術が使える家臣を1人以上(使い手は水術と土術で別々が理想的)

です。

 

打と熱が弱点なので、棍棒・体術・銃の家臣、または打奥義持ちがいれば大きなダメージが出やすくなり有利です。熱属性の奥義も大きなダメージが期待できます。

特に棍棒の「骨砕き」や体術の「サブミッション」はダメージを出しつつ敵の攻撃力を下げることができる汎用技ですので、この2種のうちどちらかは編成に入れておきましょう。攻撃力ダウン効果のある奥義持ち家臣がいればそれでもOKです。

 

棍棒も体術も攻撃ダウン奥義持ちもおらん!という場合はかなり難易度が上がります。攻撃力ダウンが入ると受けるダメージがかなり減りますから、その仕事ができる家臣は最重要と言っても過言ではないのです。

棍棒や体術の帝がいなければ王や戦士でも代用できるかもしれませんが、棍棒帝や体術帝が出るまで待つのも良いかと。

 

また、アビスバトルは長期戦になるので補助術も重要になってきます。このバトルでは「毒消しの水」と「ストーンスキン」は必須。「ファイアウエポン」もあるとより有利に戦えますがこちらはなくても大丈夫です。術施設をグレード3まで上げると上記3つの術はすべて開発可能になります。

ということで水と土の術を使える家臣も用意しましょう。1人が両方を担当するより、2人で片方ずつ担当できる方がより理想的ですし、水と土が使える家臣が多いほどラクになります。

 

手持ちで編成してみる

 

では編成してみます。

リセマラで引いたのは

武器種 奥義属性 特攻 術属性
アイシャ 斬(斧) 水・土・闇
エリザベート 打(棍棒) 有翼 火・闇
ジャンヌ 突(槍) 突・熱 女性 なし
セルマ 突(小剣) アビス 風・光

以上の4人です。奥義が突ばっかですね。

 

アイシャは今回のメンバーでは水と土が使える唯一の家臣です。毒やマヒの治療と防御バフが主な仕事で、非常に重要なメンツと言えます。ただこの仕事は複数のメンバーができるのが理想で、1人が両方担当するとマヒった時に詰んだり回復が追いつかなくなる場面も出てくるのが不安要素。

エリザベートは今回唯一の打属性攻撃ができる家臣です。武器種が棍棒なので「骨砕き」で敵の攻撃力を下げつつダメージを稼ぐメイン火力兼デバフ役。こちらも非常に重要なメンバー。

ジャンヌは突熱の複合属性なので弱点を突けているようで突けていない微妙な感じ。熱は通っても突が引っかかって結局ダメージ出ないというのが複合属性の使いづらい部分です。ただジャンヌの奥義は女性の攻撃力を上げる効果もあるので、ダメージよりもバフ役として期待です。防御力もあるので強固な盾役としても期待。

セルマはあれですね。テキトーに攻撃しながら死なないようにがんばってほしいと思います。(攻撃力高めで打属性の王とかいたらたぶんそっちの方が役にt)

 

装備はそれぞれの10徽章武器とコンバットスーツ。アクセサリーは腕力の腕輪をアイシャ、エリザベート、セルマに。ジャンヌの分が足りなかったのでジャンヌだけ俊足のピアス。マヒや毒のお守りはほとんど意味ないと感じているのでいらないかなと。

 

またアビスバトルではLPを消費してHPやSPを回復しながら戦うので、もしLPが減っているなら最大まで回復した状態で挑みましょう。LP回復薬は5個300徽章で販売してます。

 

 

繰り返しになりますが、アビスバトルは失敗したり退却してもHPやLPは挑戦前の状態に戻るだけで何のデメリットもありません。何度もリトライしながら感覚を掴んでいきましょう。

 

 

1戦目 アビスドレーク

 

ではいざ挑戦。

まず1戦目。アビスドレーク。

 

 

近接の単体攻撃しかしてこないので、陣形をバトルシールドにしておくと攻撃が前衛2人に集中し、後衛2人は安全に戦えますので戦略が立てやすいかなと。

毒やマヒがうざいんですが、エリザベートやアイシャがマヒるとちょっと苦しくなるのでこの2人は極力安全な位置で戦わせます。特に回復役(今回はアイシャ)がマヒると一気に自軍が壊滅していきますので注意です。

1戦目なので1ターン目から調子のいいパターンになるまでリトライしてOKです。具体的には骨砕きの攻撃力ダウンが一発で決まるまでですね。決まらなければ即やりなおし。

 

ストーンスキンやジャンヌの奥義によるバフ効果は使用したターンも含め2ターン継続します。なのでアイシャとジャンヌの2人は2ターンごとにバフをする係。なるべくSPを切らさないよう、通常攻撃もはさんでいきます。

毒やマヒにかかったら次ターンでアイシャが毒消しの水。ストーンスキンとどちらを優先するかは状況を見て判断します。攻撃力ダウンが入っていれば毒消し優先ですね。

 

エリザベートはひたすら骨砕きです。攻撃力ダウンは毎回成功するとは限らず、このデバフ効果は4~6ターンのランダム継続ですので、効果を切らさないよう攻撃力ダウンさせるという感じでとにかくひたすら砕き続けます。

攻撃力ダウンを入れてストーンスキンをかけていれば受けるダメージは半分くらいになります。アビスバトルは長期戦ですのでこれが非常に重要。

 

セルマは奥義を使うと消費SPが大きいのでひたすらファイナルレターで。

 

LPを消費しての回復は、まだ初戦ですのでなるべく温存したいところ。SPが切れてもなるべく素振りで回復させていきましょう。HPがやばくなってきても前衛と後衛を入れ替えれば大丈夫です。目安としては1戦目で使うLPは1~2が望ましい。

なおアビスバトルの敵はHPが1/3を切ると攻撃回数が増えますので危険が増します。通称「発狂モード」。この状態になったらたたみ掛けてなるべく早めに倒しましょう。

 

2戦目 ヤミー

 

続いて2戦目。ヤミー。

 

 

遠隔攻撃もしてくるので1戦目とは違い後衛も危険に晒されます。

特に「電撃」は縦断攻撃なのでバトルシールドだと前衛と後衛の2人が被弾しますのでオススメしません。逆に横断攻撃はしてこないので、フリーファイトが最も安全な陣形となります。

またファイアボールは術なので骨砕きで攻撃力ダウンを入れても軽減できません。とはいえそこまで威力はありませんし、他はすべて技なので、やはりとにかく骨砕きです。やることは1戦目とまったく一緒。2戦目は突もそれなりに効くので我が帝国としてはやりやすい。

ただ回復役が1人しかいないのでアイシャにブレードネットが飛んでくるとヒィってなります。こういう時やっぱり回復役は2人いるといいなーって思いますね。

ここでもLP使用の目安は1~2。

 

3戦目 フローズンボディ

 

3戦目。フローズンボディ。

 

 

ヤミーのような縦断攻撃はしてこないので、陣形をバトルシールドに戻します。ただ投石やウインドカッターは後衛にも飛んでくるので注意。

こいつは状態異常を伴う攻撃がない反面、とにかく攻撃力が高いです。早めに攻撃力ダウンが入ってくれないと防御力の低いキャラは危険。ストーンスキンは切らさないようにしましょう。

ウインドカッターは術なので攻撃力ダウンやストーンスキンは無意味ですが、さほど威力はないです。

これが最終戦ですので、LPは使い切るつもりで攻めましょう。最後の発狂モードに入ったら大技連発で一気に倒します。

 

 

そんなわけでリセマラで引いた4人でなんとか倒すことができました。

今回「全員生存」と「4人以下」は達成できましたが、残念ながら「全戦でスーパークリティカル」は達成できませんでした。ですので今度は6人編成でスーパークリティカルだけ狙ってクリアすればOKですね。

 

 

 

スーパークリティカルを狙って出す方法

 

スーパークリティカルやハイパークリティカル(さらにウルトラクリティカルなんてのもある)には発生条件があります。

スーパークリティカルで言えば

・ 敵の弱点を1つ突いていること

・ 上記を満たした状態でクリティカルを出すこと

となります。

 

 

今回で言えば敵の弱点は「打」と「熱」ですので、このいずれかの属性で攻撃する必要があります。打や熱ならなんでもいいので、棍棒帝の通常攻撃でもOKなのです。

今回のパーティではエリザベートの棍棒技とジャンヌの奥義が該当します。(エリザベートの奥義は突属性なので対象外。ジャンヌも奥義以外は対象外。アイシャやセルマはいくらがんばってもスーパークリティカルは出ません。)

 

その上でクリティカルを出せばスーパークリティカルになるんですが、クリティカルが出るかどうかは完全に運任せになります。ですので弱点属性の武器でひたすら攻撃してればいつか出る、ということになりますね。

ただそれだけだと運任せかよってなりますので、確率を高める方法を。それが「属性付与」です。今回で言えば術の「ファイアウエポン」を使うことで、味方全員に熱属性を付与できます。そうするとセルマやアイシャの通常攻撃や汎用技でもスーパークリティカルが発生する確率が生まれるんですね。(冷属性や雷属性の奥義には熱属性は乗らないので注意です。アイシャの奥義には乗りますがセルマの奥義は冷属性なのでNG)

 

なお敵が「特攻」対象になっている奥義であれば確実にクリティカルが出ますので、その奥義が打や熱属性であれば100%スーパークリティカルとなります。今回で言えば「打または熱属性で不死特攻の奥義」なら確実にスーパークリティカルが出ます。

たとえば熱属性の不死特攻奥義でさらに攻撃力と術適正ダウンも決めるダークさんなんかは今回のバトルにて最強。

 

 

ということでスーパークリティカルの出し方でした。

 

アビスバトルのコツ

 

最後にコツを少し。

敵の弱点属性を用意すること敵の攻撃力ダウンを狙うこと補助術を用意することは基本にして最重要です。必ずここは抑えてから挑みましょう。

 

敵の攻撃力や術適正を下げ、ストーンスキンやセルフバーニングなどで守りを固めれば大概の敵の攻撃はさほど脅威ではなくなります。技を連発してるとSP切れになりやすいので、守りを固めて通常攻撃をはさみ、適度にSP回復もするようにしましょう。

 

またバトル中、LP回復のタイミングに悩む場面が出てくると思いますが、ギリギリまで耐えようとか瀕死だけど1発分のSP残ってるから回復は次のターンにしようとかやってると事故の元になります。やばいなと思ったら素直に回復しましょう。

 

ケチった結果

 

3回のバトルの中では対処が難しい敵、ラクな敵がいたりします。この辺は手持ちとの相性しだいですが、攻撃が痛くて対処しづらい相手はとにかくLPを大目に使ってでも早めに倒しましょう。そのぶん、ぬるい敵でLP節約していけばいいので。

 

なお今回は序盤ということで状態異常対策はアイシャ1人でもなんとかなりましたが、今後はそれだけでは厳しくなっていきます。全体攻撃でマヒらせてきたりしよるので。ですので回復役を増やしたり、装備品で状態異常耐性を高めていきましょう。

イベントクエストの交換アイテムでたまに「状態異常耐性が上がる」武器や防具が出ます。こういうのは無理してでも取りましょう。特に防具。

 

 

それに装備作成施設グレード8以上で作れるアクセサリー「天龍の護符」などを組み合わせることで、状態異常発生率を大幅に低下させることができます。最大まで強化した異常耐性武器・防具+天龍の護符で状態異常完封も可能です。ガラハドなんかは鈍足・高防御・水光術持ちなので完全耐性を実現しつつ敵の攻撃のあとで異常回復ができるアビスバトルの鬼だったり。

 

これ以降のアビスバトルは敵の弱点がバラけていたり、術が超痛かったりと難度が大きく上がっていきます。すべてをクリアしていくのは相当鍛えこまないと無理ですが、いつでも何度でも挑戦できるので気長にやっていきましょう。管理人は1年くらいやって全Sクリアを達成しました。

 

アビスバトルで輝く家臣

 

最後といいつつ各種アビスバトルにおいていると便利な家臣を何人かご紹介して本当に終わりにします。彼らはどのバトルでも活躍できるでしょう。

 

三段デバフ(攻撃力・術適正ダウン)

攻撃力と術適正を同時に下げる奥義を持つ家臣は何人かいますが、その中でも3回連続攻撃ができる奥義は1度の使用で3回のダウン判定が受けられるので超便利です。三段攻術デバフ持ちは常設帝では現状4人しかいません。

三段じゃないデバフ奥義は確定ダウンの種族がいるのでそれはそれで便利ですが、ここでは汎用性の高い三段デバフ家臣を。

 

管理人的に高評価なのはウルピナとウィルですね。

ウルピナは無属性奥義なので相手を選ばず使えるので汎用性は特に高いです。水術が使えるのもいいですし、風術もあるので雷付与を受けやすくアビスバトルに適しています。

ウィルはかめごうら割りやグランドスラムといった強力な技も使えるので、アビスバトルだけでなく通常のクエスト周回でも便利です。水術と土術が使えるのもアビスバトルに適していて素晴らしい。

まぁどっちも持ってないんですが。

 

 

防御バフ

ストーンスキンと同じような効果を持ちつつ攻撃もできる奥義持ち家臣です。防御力だけでなく攻撃力も上げてくれたりと様々なバリエーションがあります。

ただその効果は特定の家臣に限定されますので、バフ対象の家臣だけで編成しないとイマイチ。防御バフ効果のある奥義持ちはそこそこいますが、そのなかでも以下の3人の奥義はバフ対象の範囲が広く使いやすいかと。

 

 

異常回復

攻撃しながら状態異常を回復してくれる奥義持ち家臣です。

現状では3人しかおらず、緋色の女帝とシエロは睡眠・混乱・魅了を、ファラは毒・マヒ・暗闇・石化を回復します。アビスバトルでは毒やマヒ攻撃をしてくる敵が多いので、一番重宝するのはファラですね。シエロは「忍び寄る女王の系譜!」でアリキラーとしても大活躍できます。緋色の女帝は無属性の術奥義なので誰が相手でも安定したダメージが出せます。

 

鈍足回復や属性付与

すばやさが低く、水術や光術を使える家臣は装備品で状態異常を100にしておけば安定した回復役になれます。自身は状態異常を完封し、敵の後に行動してそのターンのうちに仲間の状態異常を治せますので。

これを実現するには状態異常耐性が上がる武器・防具・アクセサリーを揃えないといけませんし、武器防具を強化しないと耐性100までいきません。なのでこれはある程度やり込んでいかないといけませんね。

これができる代表的な家臣はガラハドです。水・光が使えるのですべての状態異常を治すことができ、鈍足なので敵の後に行動可能で、防御力も高いので壁役にもうってつけ。彼を完全耐性にできればアビスバトルの難易度はかなり下がります。

 

 

またSクリアのためには属性付与も重要になってきます。ファイヤウエポンやコールドウエポンで熱属性、冷属性を付与できますが、雷属性は現状一部の奥義でしか付与できません。

これら3属性を1人ですべて付与できるのがバーバラ(ロマサガ1・体術)です。防御力が高いので高耐久ですし体術なのでサブミッションで攻撃ダウンも狙えます。

 

※バーバラの奥義は上記画像では付与対象が[ロマサガ][ロマサガMS]となっていますが、現在は[ロマサガ1][ミンサガ][風]に変更されています。

 

以上、アビスバトルについてでした。まずは「深淵への誘い!」クリアを目指してがんばってください。

 

imsaga_kijisita




imsaga_kijisita




Amazon

インサガ序盤の進め方INDEX

1
ゲーム開始時におさえておきたいポイント【インサガ】

  これからインサガを始める方にとりあえず覚えておいてほしいことを7項目にまとめました。   ① リセマラをテキトーに終わらせると後で苦労する     リセマラ ...

2
2019年2月版リセマラランキング!当たりキャラはどれ?【インサガ】

  チュートリアルが終わると11連ガチャが引けます。 ここでの結果が序盤の難易度を大きく左右するので、良い結果が出るまでリセマラするのをオススメします。   リセマラガチャのゴール ...

3
リセマラ完了後にすることは?【インサガ】

  リセマラが終わったら部隊の編成をします。 まずはコードを入力してガチャチケットをもらいましょう。 TOP画面>メニュー(城)>暗号入力     シリアルコードは以下を ...

4
クエストの基本【インサガ】

  各クエストは 数回のザコ戦 + ボス戦 という構成になっています。 ボスを倒すとクリア。初回クリア時には100クラウンもらえます。 また途中の分岐ルートをすべて踏破するとSクリアとなって ...

5
メインクエストの進め方(1周目・光ルート)【インサガ】

  メインクエストは 光ルート 闇ルート エッグルート キューブルート(他のルートと同時進行可) 月光ルート 真アデルルート といくつかのルートがあります。ここでは1周目の光ルートについて書 ...

6
装備について【インサガ】

  ガチャチケットやらで使わない戦も出たと思いますので、整理がてら装備を揃えましょう。   戦を引退させると「ヴァルク徽章」が1人につき10個手に入ります。このヴァルク徽章はショッ ...

7
陣形について【インサガ】

  クエストをクリアしてプレイヤーレベルが上がっていくと、様々な陣形が使えるようになります。 ここでは管理人がよく使うものを中心に解説します。   また陣形は1人用~5人用まであり ...

8
イベントクエストについて【インサガ】

  イベントクエストは常に何かしら開催されています。 開催期間は通常は2週間。復刻は3週間。木曜日が5回ある月だけは1週間限定の特殊なイベクエが開催されることもあります。 イベクエには、メイ ...

9
協力バトル(レイド)について【インサガ】

  強力バトルはバカ高いHPを持ったボスをプレイヤーみんなでポカポカ殴って倒すイベントです。いわゆるレイドですね。 イベントクエストのボスが協力バトルのボスになっています。   & ...

10
初心者の方にオススメのガチャ

  序盤はとにかく帝の頭数がほしいので、帝を増やしやすいガチャがオススメです。   いきなりマメ知識ですが、ガチャを引いて兵舎の上限人数を超えてしまった場合、キャパオーバーとなった ...

11
キャラ育成の基本【インサガ】

  手に入れたキャラは以下の方法で強化していきます。 ・ クエストに出して育成(この記事で説明します) ・ 装備で強化 ・ ロールで強化 ・ 強化ポイントで強化 ・ 技・術を強化 ・ DHを ...

12
フル開花育成について【インサガ】

  キャラはクエストに出すとステータスが成長します。帝であれば40戦まで。 この間すべて「開花のお守り」を使用して育成するのを「フル開花育成」と呼んでいます。 キャラ育成の基本についてはこち ...

13
DHについて【インサガ】

  DHはキャラを装備するようなイメージで、そのキャラの奥義を使えるようになり、またステータスも上昇するというメリットだらけのシステムです。 DHは「代打」って意味らしく、名付け親はサガシリ ...

14
ロールについて【インサガ】

  クエストに出て戦闘に勝つと、ロールポイントが獲得できることがあります。経験値のようなものですね。これを貯めて、各種ロールを習得していきます。 ロールを習得し装備すると、技の威力を上げたり ...

15
強化ポイントについて

  強化ポイントは全部で8種類あります。家臣に使うことで各パラメーターが上昇しより強くすることができます。 一度使うと元には戻せません。主力メンバーを中心に振っていきましょう。   ...

16
技と術の強化について【インサガ】

  技や術を強化していくと、イベクエ絶望級など高難度のクエストの攻略がラクになります。 最初に強化するのは汎用技の全体攻撃技がオススメです。 やがて帝が増えてくると奥義ばかり使うようになりま ...

17
消費SP軽減と技術伝授について【インサガ】

  家臣強化施設では、技の威力強化、命中強化、消費SP軽減、伝授、ステータス育成の5つが可能です。ここでは消費SP軽減と技・術伝授について書いてみます。     &nbs ...

18
術開発施設と装備作成施設の強化【インサガ】

  「術開発」と「装備作成」の施設を強化することで、よりハイレベルな術や装備品を作れるようになります。 強化には家臣を送り込む必要があります。     高レアを送り込むほ ...

19
強化ポイントについて

  強化ポイントは全部で8種類あります。家臣に使うことで各パラメーターが上昇しより強くすることができます。 一度使うと元には戻せません。主力メンバーを中心に振っていきましょう。   ...

20
イベントクエスト絶望級攻略テクニック【インサガ】

  イベクエ絶望級を周回するには、ボスを少なくとも合流後2ターン以内に倒せないと厳しいです。 超級ボスのHPが11500に対し絶望級ボスは20000です。絶望級の方が防御力も上なので、超級ボ ...

21
トレジャーハントについて

  「トレジャーハント」は月に1回開催されている対人戦イベントです。 他プレイヤーのチーム(NPC)と対戦しながらマップ上の宝箱を回収し、限定武具や11連ガチャチケットなどを獲得していきます ...

22
神々の試練について

  「神々の試練」は毎月1回開催されるイベントで、全70からなる試練に挑戦し、1階層クリアごとに報酬が得られます。   試練50突破でもらえる全6種の「ディステニィストーン」は対応 ...

-始め方ガイド

Copyright© インペリアルサガ 始め方ガイド , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.